mmt

ナオラー徒然日記

最近VimでEscキーが遠いと感じた話

 最近まで僕はVimを使ってる時、他のエディタを使う時の様なキーボードとマウスを使う煩わしさが拮抗することなく使えてる事に感動していた。しかしキーボードだけで使っている時「Escキーが遠い。。」と感じてきた。
 基本的に両手はホームポジションにあるため手のひらの手根?の場所はCommandキーや十字キーの下に配置している。普通に文字など入力している時は手を固定して入力できるのだがVimでモードを変更する際(Visualモード、もしくはInsertモードからNormalモードに切り替える時)Escキーを押さないといけないのだが、左手を固定したままだとEscキーまでやや届かない。最初は特に気にも留めなかったが使っているうちにだんだん面倒だと感じてきた。なので.vimrcにEscキーのキーマッピングを割り当てたコードを追加した。

""""""""""""""""追加""""""""""""""""""
inoremap <C-z> <Esc>
vnoremap <C-z> <Esc>

ついでに連打でハイライト解除の箇所にも追加した

" Esc連打でハイライト解除
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>
""""""""""""""""追加""""""""""""""""""
"C-z連打でも解除するよう追加
nmap <C-z><C-z> :nohlsearch<CR><Esc>

 本来C-zはシェルのジョブコントロール機能で、一時的に、ターミナルを使うために処理を中断させるもの。僕はC-zを使わないので両手をホームポジションに固定したままC-zでEsc処理を行えるようになった。

 ただそれだけの話でした。